顎ニキビの治し方は20代~40代も方法は共通

顎ニキビの原因とは?

顎ニキビの原因は大きく分けて2つあります。

 

ホルモンバランスが崩れる

 

あごにできるニキビの原因の筆頭に挙げられるのがホルモンバランスの影響です。女性の場合は性周期によってホルモンバランスが変化するため、それにあわせて肌のコンディションも変化してしまいます。女性の場合には、女性ホルモンの内の一つ、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、皮脂の分泌を活発にします。

 

男性の場合は、女性のような周期的な変化はありませんが、もともと男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなります。特に顎周辺はヒゲが生えるため剃刀などによって肌が傷つけられやすいことや、皮脂線の分布も多いことから、汚れやすく皮脂汚れが詰まりやすく、あごニキビの原因となります。

 

男女に共通してホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化などが挙げられます。ストレスを感じるとステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌が促進され、さらには男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が促進されます。ステロイドホルモンも男性ホルモンも、皮脂の分泌を増加させるため、ニキビができやすい状態を招きます。

 

誤ったスキンケア

 

フェイシャルのスキンケアは毎日しっかりしているという方でも、顎やフェイスラインの辺りは行き届いていない場合も多いようです。すすぎ不足で洗顔料が顎に残っていたり、保湿化粧品がフェイスラインまでしっかり補えていないなど、心当たりのある方は気を付けた方がよいでしょう。

 

顎にニキビができているのに、洗顔時にしっかり皮脂汚れが落とせていないと、顎ニキビを繰り返す原因となります。男性の場合は、髭剃り後の保湿ケアを怠っていたり、洗顔で丁寧かつしっかりと皮脂汚れが落とせていないことが原因の場合も多く見られます。

 

また同時に、保湿不足が原因となる場合もあります。ニキビができたとき、まず洗顔を気にする方が多いのですが、そもそもの皮脂の過剰分泌の原因がお肌の乾燥である場合もあります。洗顔をきちんとしていても、保湿がなおざりになっていると、肌の内側が乾燥している「インナードライ」の肌状態を招き、皮脂分泌をさらに過剰にしてしまいます。

 

顎ニキビの対策方法

 

ここまでは顎ニキビの原因を説明してきましたが、ここからは治す方法を説明していきます。

 

これは簡単です。上で上げた2つの顎ニキビの原因を解決すればいいのです。

 

具体的にその方法を説明していきます。

 

崩れたホルモンバランスの整え方

 

あごのニキビの原因の一つ「ホルモンバランスの乱れ」に対して、ホルモンバランスを整えることは治療の第一歩 です。

 

生活の中からストレス要因を排除するのは容易ではありませんが、できるだけストレスを溜めないようにうまく発散しましょう。規則正しい生活のもと、十分な睡眠とバランスのとれた食生活が理想です。これらは直接的なスキンケアをするよりも大切で、症状のケアに対しても大きく影響してきます。スキンケアでどうにかするよりも、まずは生活全般を見直すことが重要なのです。

 

正しいスキンケア

 

今までの自分のスキンケアに不適切な点がなかったか、まず確認してみましょう。

 

あごのクレンジングや洗顔はしっかり行き届いていたか、また洗顔後のすすぎは十分だったでしょうか?すすぎが十分でないと、洗顔料の成分が顔に残り、毛穴を詰まらせる原因となります。ニキビができやすい方は特に、洗顔を見なおしてみてください。

 

ニキビができてしまった場合、毛穴に詰まったメイクや皮脂汚れをしっかり落とすことも大切ですが、傷つけないようにやさしくケアすることも同じくらい大切です。洗顔後は化粧水で肌に水分を補ってから、その水分を逃がさないよう乳液でフタをします。なるべく低刺激のもので、お肌に合ったものを選びましょう。また美容液などで、皮脂分泌をコントロールしてくれる「ビタミンC誘導体」や肌のバリア機能を回復する「セラミド」など、ニキビ治療に役立つ成分を補うことも大切です。


http://www.tenutabarno.com/ http://www.hsjdcf.com/ http://www.o-ailand.com/ http://www.andaluciabloguera.com/ http://www.aniseandcurrant.com/ http://www.e-curry.info/